思考の解像度を上げること

 

 

あなたは現在、漠然とした人生を生きている...と感じているでしょうか。

 

今の自分を振り返ってみて、何者でもない...と思うでしょうか。

 

今後の人生を考えると、漠然とした不安に襲われるでしょうか。

 

 

 

もし答えがイエスなら、思考の解像度を上げる必要があります。

 

 

 

結果を出す人の共通点の一つとして『思考の解像度が高い』といった特徴が挙げられます。

 

 

 

例えば、転職を考えたり、事業を始めることを考える場合でも、解像度が低い人は、

 

ただ漠然と、

 

『これをやりたい!』とか、

 

『いける!たぶん!』と、

 

深く考えもせずに行動します。

 

 

 

しかし、その様な思考の解像度が低い状態で、いざ始めてみると、

 

「思っていたのと違う...」とか、

 

「全然思うようにいかない...」

 

といった結果になりやすいのです。

 

 

 

そう言う僕も、少し前までは、ただ漠然と考え行動しては失敗し、痛い目を見てきました。

 

夢と情熱を懸けたゲームアプリ開発では、ほとんど結果を残せませんでした。

 

理由としては、思考の解像度が低かったことが一つの要因となっていると反省しています。

 

 

 

思考の解像度が高い人は、しっかりと事前調査し、行動前の準備を怠りません

 

 

 

転職や新規事業立ち上げを例に挙げれば、まず始めに業界分析をします。

 

参入しようとしている業界の現状、将来性、平均所得などを調べます。

 

次に、業界にいるライバルを分析します。

 

ライバルの強みと弱み、シェア率やライバルの成功要因などを分析します。

 

最後に自身の強みと弱みから、その業界で結果を出せるかどうかを考えます。

 

 

 

全ての条件が良いのであれば、参入を決めて良いでしょう。

 

条件が揃わなければ、参入を辞めるか、必要であれば自身の強みを作ってから参入すると良いでしょう。

 

 

 

孫子兵法に、

 

”敵を知り、己を知れば、百戦して危うからず”

 

という言葉があります。

 

いつの時代でも通用する言葉ではないでしょうか。

 

 

 

自分の強みを知る方法として、九星気学や占術を活用するのも、良い選択だと思います。

 

九星気学では、自分の強みと弱み、先天的に持つ運勢の強弱、向いている職種や仕事のスタイルなどを細かく知ることが出来ます。

 

戦国の世では、気学などの方位術は生き残る為のツールとして使われていました。

 

 

 

九星気学は厳しい世界を生きるための知恵であり、

 

個人の時代・副業時代と呼ばれる、これからの時代にこそ必要な技術

 

だと思います。